今年初の下北沢

昨夜は下北沢でライブがあって、今年初の下北沢上陸となった。今回のライブに関してはキャンセルすることも一瞬考えたんだけど、届いたばかりでまだ何も書かれていない今年の手帳に触れた瞬間、ひらめきというか運命のようなものを感じて、これはきっと行った方がいい、行くべきだと感じたので行くことにした。心臓がそう言ってるんだから、心臓で応えなければ!運命といえばちょうど最近、ホテルの宿泊が割引になるお誕生日クーポンが来ていたのを思い出した。今まさにこれを使うべき時が来た!と。

数日前からかなり仕事の書類があったのでこの日も残業か?と思っていたけどなんだかんだで捌けたので定時で上がって1ヶ月ぶりの赤坂へ。そういえば去年までは誕生日にはちょっといいホテルに泊まってゆっくりするというイベントがあった、今年はまだできていないから数日遅れでそれをやろうっていうことも兼ねての。。極力外食もしたくないので、途中でコンビニでお泊まりセットのスキンケアのついでにカップ麺も買って、これを部屋で食べて時間までひたすらに籠る。1ヶ月前に赤坂に泊まった時は何から何まで全部素晴らしくて楽しかったなあと思い出す。去年のベストモーメントの一つだったと思う。1ヶ月前と今とではかなり状況が変わっていて、夜の赤坂周辺の情緒を楽しむという感じでは無くなってしまった。でも部屋でカップ麺食べながらテレビでBS放送とかBBCニュースをだらっと眺めるのもそれはそれで実はかなり楽しかったりもする。
ライブに行く時赤坂駅から地下鉄に乗るはずが、反対方向に歩いて赤坂見附駅に出てしまった。帰りも赤坂駅からホテルまで、5分もかからない距離なんだけど店が全部閉まってて暗すぎるなどの理由で道に迷いかけてしまった。えっ私ってこんなに方向音痴だったっけか?と自分で驚いた。
21時過ぎの時点で赤坂見附のスタバがまだ開いていて、闇飲食店、結構あるんじゃーん!!って思ったけど、前から居た客がまだ残っていただけで、その時点で新規に入店しようとしても多分断られたのかなとは思うけど…。他の、明かりがついてる飲食店も、閉店の作業をしているっていう感じだった。
夜は流石に耳が取れるんじゃないかと思うほどの寒さだった。

ママタルトのまーごめトークライブ。檜原さんが受付で肥満さんが検温係で、そんな貴重な入場ができてすごく嬉しくて、これだけでも今日来た甲斐があったなあと。これまで行ったことあるライブでこういうパターンって、竹内ズが主催のライブで竹内ズの二人が自ら受付とかやってたの以来だ。

冒頭でまず今日のR-1ふたりとも通ったよ!という話で始まり、私は見に行けなかったので、その時に録音したそれぞれのネタを音声で聞けたの嬉しかった。風穴ライブで見た時とはだいぶ変わっていた気がする。
主に肥満さんはデカすぎるエピソード、そしてひわらさんは他の芸人さんから聞いた話を色々と。普段のライブとかラジオではしないような下ネタ的な話も結構あった。ラジオとはまた違う味わいでとても良かったので、どちらかがアメトーーク!!に出れる日まで、ずっと続けてくれたらいいなあと思うライブだった。

初詣への疑問の話、とても良かった。常にそういう視点は持っておいた方がいいのかもなあって。
大学時代のピザ屋のバイト話で思い出したけど、横浜と神戸って似ている部分が多い町ではあるけど、大きく違う点の一つが神戸は海と山がめっちゃ近いってことだ。横浜は山っていう山はかなり奥地まで行かないとないから。そんで横浜には六甲山くらいの山なんてないし。海も山もあるっていうのが神戸のすごいところだと思う。海と山がめっちゃ近くてその間に電車の路線が3本も並行して走っているなんて町は他にないんじゃないかな?と思う。三宮からちょっと電車乗っただけで、ものすごい山奥に行けちゃうしね。大阪時代はオリックスの2軍球場によく通っていたんだけど、あの辺はかなりびっくりするほどの山奥だ。あれで、自分も車の免許を取らなきゃなって決意したほどだった。
そして肥満さんの話にも関連して。私もネット上で人を検索したりする能力は、そこらの若い女よりはかなりある方だと思うけど、昔、大阪時代に、付き合うまでは行かなかったけどいい感じだった人がいて、その人のことをずっと探していたけど全然見つけられなかった。本名も勤務先も生年月日もネット上のハンドル名も三宮在住ってことまでも知ってるのに。その人と一緒に神戸で野球を観た帰りに車で送ってもらう途中、夜の摩耶山に立ち寄ったのがめちゃくちゃにロマンチックな思い出だった。大阪時代の1番美しい思い出だ。その人のおすすめでディスティニーズ・チャイルドのラスト・アルバムを聴いてみたらすごく気に入って、未だに、これを聴くとその人のことを思い出す。

大阪時代よりもっと前の、まだ横浜に住んでいた頃ちょっと好きだった年上のある人をFacebookで見つけた時は、いつの間にか知らないうちに私の知らない女と結婚していたことを知ってしまったので、もうこういう検索はしないぞと心に誓ったのだった。知りたくなかった事実を突きつけられて嫌な気持ちになるだけだ。
まだ大阪に移住する少し前に、お試しみたいに2週間くらい滞在していたことがあったんだけど、それが新今宮の一泊2000円くらいの宿だった。その周辺でぶらぶらすることは決してせずに、せいぜいコンビニで食料買うくらいにとどめていた。1番怖いと思った場所はフェスティバルゲートだった。私が行った当時すでにかなり朽ち果て廃墟っぽくなりつつあって、まともに営業していたのは1階にあったサンクスっていうコンビニくらいしかなかった。まさか10年ぶりくらいに、東京の下北沢で、あの辺のことを思い出すことになるとは…

 

f:id:tiffany_queen:20210109205208j:plain

12月に入ったら、ボーッとしている間にすぐに1月になって年が変わってしまい、12月の色々なことをじっくりと味わう時間がない気がした。2020年12月の楽しい思い出にろくに浸る時間もないまま2021年モードにならなきゃいけない、そんなの、いくらなんでも慌ただしすぎやしないか。だから今月いっぱいくらいは去年の12月のことを味わったっていいんじゃないかと思う。だからクリスマスの「もぐら殺人事件」の配信が再発売になったのを買ってあらためてまた観たり。生では気づかなかった色々な発見があって楽しい。劇場で生で見るのと、家でゆるーく酒飲みながら見るのとでは全然味わいも変わる。結末を知っているからこそたくさんの伏線を発見するという楽しみもあるし。生で見てた時にここめっちゃ楽しかったしめっちゃウケてたよなあってところ、例えば序盤でかたまりさんに対して「最近嫌なことあった?」とか、みんながかたまりさんを無理矢理にでも元気付けようとするくだりとか、配信で見ても客席がすげえウケてるってのが改めてよくわかるのは嬉しい。

生で観た時には気づかなくて配信でじっくり見直して初めて気づいたところ。岩倉さんがパーカーの紐結んでるの可愛いなあとか刺身さんのリュック、ユニクロのやつだなあとか。ユニクロのリュックがダメってわけじゃなくて、値段のわりにすごく良いらしいという評判を聞いて私も同じやつ買ったから、同じやつだ!って嬉しくなった。刺身さんが男ブラの花のコントの浦井さんのモノマネやってたけど、その後に浦井さん登場シーンで浦井さん本人がそれやってくれてるじゃんって気づいた。この作品の大きなテーマの一つが芸人がめちゃくちゃエゴサをするということで。やさしいズについてのツイートを探すとタイのことばっかりで全然佐伯について書いてくれてない!!!って佐伯さんが言うシーンがあるんだけど、この脚本を書いているのがタイさんで、そんなセリフもタイさんが書いているっていうのは、「愛」だなあと感じたりもした。

年末といえば「風穴」の話についても。

「ひつじ教習所」の最新回を聞いたら、今年に入って初の収録とのことで去年末の風穴ライブの話題なども出ていた。去年書いたブログには書かなかったことがあるんだけど、風穴LINEのメンバーに入ってチケットを買った人は終演後に出演者から名刺を手渡しで貰えるという特典会的なものがあった。ちなみにLINEについては去年末までっていう話だったと思うけど、油断していたら最近でもたまに新規コメントがあったりするのでええっ?!ってなってる。無期限になったのか?!!!

名刺お渡し会はその場に行くまでどういう感じで渡されるのかわかんなかったんだけど、いざ階段で上まで行って見たら4組が横一列に並んでお客様を出迎えるみたいな感じになってて、出るときに必ず全員の前を通らなきゃいけないし、これはなかなか酷な、エグいシステムだな!!!!と思ってちょっと怯んでしまった。名刺は1組からしかもらえないので、誰が、どれだけ名刺を渡せているのか、誰が一番人気無いのか、全員にバレバレの状態で。あいつらばっかりだなあ…ってのをずっと横で見ていないといけない。これは酷だなあと。お客さんが一人ずつ出てきて、自分らのとこ来てくれるかな?来るかな?いや、そっちか…(がっくり)、みたいなのを何十人もずっと繰り返すのは精神的にきついんじゃないかと思ってしまった。でもひつじ教習所の話ではAKBなんかもそういう感じで特典会みたいなのをやってるそうなので、アイドルも大変なんだな。

私自身は迷うことなくママタルトにもらうっていうのは決まってて、他の3組は誰とも全然面識ない、顔覚えられてない状態だったからまあそこまで気まずい状況ではなかったものの。それでもやっぱり全員の前を通らなきゃいけないのは気まずさがかなりあって、貰わなかった人たちとは目を合わさないように足早に帰るみたいな感じになってしまった。

 

今月楽しみにしていたいくつかのライブが中止になってしまって「ぴえん🥺」ってなったりもしていたけど、とりあえず来月の、1番大事なあれさえ中止にならなければ、まあいい…!!時間帯早めだから、たぶん大丈夫そうだし!!!

 

最近どの音楽を聴いたらいいのかわからなくて、とりあえず去年好きだった曲のプレイリストをいまだに聴いている。こうしている限りずっと魂は2020年のままで、でも2020年はもう無いから、宙に浮いているような状態。早く2021年の好きな曲一発目を見つけたい。