世間とか、一般とか

今日こそが本当に私にとっての新年なので、今さらの年末年始振り返りっぽいことも書きます。

今年に入ってからnoteで「普通の日記」を書く!!ということになりましたが、noteは本当にただの日記なので何があったとか何を食べたとかって出来事の記録がメインで、こっちのブログの方はこれまでと変わらずに「何があったか」よりも「どう思ったか」を重点的に不定期に書いていく場ということにしていきます。

あと、noteとこっちのブログとの明確な違いの一つは、noteはスマホのアプリなどから随時書くけどこっちは数日寝かせたものを書く、というところでもあります。

 

毎年クリスマスの前後に、有馬記念という単語を見聞きするたびにある人のことを思い出す。10年くらい前に、1日だけ付き合った人のことを。ものすごく雪深い日だった。1日だけなんて交際とかそういうものかどうか、という意見はあるだろうけど私にとってはこれまでの人生でこれほど純粋な愛を感じた瞬間は他になかった気がする。神戸市灘区の出身で、辺り一帯全ての家の築年数が阪神大震災からの経過年数と同じという地区の人で、毎年1月17日には必ず実家に帰省していた。

爆笑ヒットパレード、ただただ寝過ぎで視聴も録画も出来なかったけど見た人によればネタの途中でCMにいくのが何回もあったりと酷い状況だったらしいので、見なくて正解だったかなと…正月早々そんな嫌な気持ちになるテレビ見なくてよかった。オズワルドも出なくて良かった。

1月2日に無限大に行ってみなさんの書き初め見れたのはよかった。特に浦井さんと畠中さんのが。浦井さん、横浜にぜひガンダム見にきて欲しいな…

f:id:tiffany_queen:20210106204634j:image
f:id:tiffany_queen:20210106204638j:image

会社でコロナに感染した芸能人の話題になり、ミキの亜生が…って若い女子が言ってたのでおっと思ったのだけど他の人はミキを知らなかった。その流れで軽く今年のM-1の話題にもなったんだけど、マヂラブは何が面白いのかわからないというようなことを言われていた。当然ながらこの人たちがマヂラブ寄席のことを知る由もなく、これが「一般の」世間というものか…と。「暗澹たる気持ちになった」なんてもんじゃない。もっと、ガツンとくるショックがあった。 Twitterが「世間の」「一般」ではないことは百も承知で合ったつもりではあったけど、こうして具体的にあらためてその事実を突きつけられるとウゥ …と、かなり食らってしまう。
例えば映画の話題でも、美容院で最近何か面白い映画観ました?って聞かれて、そういう場合の作法としては本当に自分が面白いと思ったものではなく「まあまあ面白い」と思ったものの中から最も知名度が高そうなものの名前をあげることというのはわかっているつもりで、それに則ってボヘミアンラプソディーとかって答えたら、それすら美容師さんは知らなくて、その年一番ヒットした洋画ですらあんまり知らない、でも逆に私が全然知らない邦画についてはたくさん知ってて、これが現実の、世間の、一般というものなのかと愕然としたことがある。
だからもちろん会社でお笑いの話になって本当に好きな人の名前を挙げることは決してない。こういう人たちにも名前と顔が知られるということが「本当に売れた」ということなんだろうなあというのは痛感する。ミキを知っている子はお笑いかなり知っている方ではあるわけだけれども、コロナになったのは亜生の方じゃなくお兄ちゃんの方だし。

 

昨日、とても、とても大事な予定が確定したので心が震えた。久しぶりに気持ちが引き締まり、背筋が伸びる思い。そのありがたみを噛み締めるべく、メールを何度も何度も見返してしまった。1ヶ月ほど前に初めてこのお知らせを聞いた時点でも、絶対にこの日までは全力で無事に過ごさなければと誓ったけど、今あらためて。無事でいることに全身全霊を注がねばならないと。

 

昔のチラシを整理していたらこんなのがあって、うあああっgsqwlpcぇzsと思わず声が出た。ガクヅケと地蔵中毒を見たくて、これに行こうとしていたんだけど何らかの理由で結局行けなかった。今なら絶対行っただろうなあ…というかこれは見たすぎるよなあ…と今は思うんだけど。その当時はまだ縁がなかったということなのか…

f:id:tiffany_queen:20210106210037j:plain